本土ヒラタ大顎について

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

本命登場

あかがね期待の幼虫を3頭程度残していますが、おそらく本命中の本命であろう幼虫が蛹になっていました。

14992709210.jpeg
幼虫時44g
前蛹体重29.6g
蛹体重?g
前蛹時30gあった個体は蛹では意外に25g代まで落ちていたので「あれ?」でしたが、
こいつはどの程度の体重になっているのか?

蛹を見た感じ、デカいと言えばデカいです。
「おおおっ!!」
って程ではないですが。
最低でも85mm以上はいくと予想はします。

ちなみに、現時点で羽化した個体の最大は↓です。
14992709480.jpeg
14992709340.jpeg
蛹体重は23g代。
頭部だけで言えばギネス級サイズです。
また、前胸背板の形状が検証記事に記載した通り、外国産ヒラタの形状になっています。

ギネス級個体はどれも菌糸ビンでブリードされているようですが、これらの個体は自作マットのみでブリードしています。

ノーマル発酵マットを使用。





続きを読む

無念

期待のあかがね前蛹26g、30gですが、どちらとも残念な蛹になりました。
頭幅も大してデカくなく、大顎も短いです。
85mmすら厳しい?残念です。
因みに前蛹30gはこの蛹↓

腹ボテになる可能性大かな。

体重があっても幼虫の頭幅が大きくなければ微妙な蛹になる傾向があるような...

あと期待できそうなのは3頭程度しか残っていない。

期待度No.1は頭幅が一番デカイ外国産ヒラタクラスの44g幼虫。
前蛹体重は29.6gなので、期待通りいけばオバケが出るはず?

レコード更新の可能性?

あかがねで最大の幼虫は46gですが、前蛹になるタイミングが予定より早く、
だめだこりゃ(T_T)
って感じでしたが、前蛹後期・・近々末期位になっていたので試しに体重を計ってみました。

デカイ( ̄□ ̄;)!!

意外にもこんな感じでした。

因みに、近々羽化しそうな推定83~85mmの蛹は前蛹時24g後半でした。

期待している幼虫1頭の前蛹体重も計ってみると26g・・・
蛹になると1g程度体重が減るので、蛹体重は推定25g付近。
となると、羽化予想サイズは84~87mm。

46g幼虫は前蛹30.3g。そう考えるとかなりデカイ。
蛹体重は推定29g付近。
羽化予想サイズは86~90mm位か。

まずは蛹を見てみないとなんとも言えませんが、大顎が長ければ90mmも不可能ではない?

あかがね羽化

確実に80ミリを超えるであろう♂蛹が2頭羽化しました。

右側の個体は頭部のサイズ(長さ)だけで言えば現レコードを超えていますが、それ以降のサイズがイマイチです。
蛹体重23gではこの程度ですか。
気になるサイズは84~83ミリで落ち着きそうです。
左側の個体は81ミリ程度で落ち着きそうです。

近々もう1頭羽化しそうですが、この調子なら83~85ミリ位か・・・

期待できそうな幼虫は蛹~前蛹になりつつあります。

また、

最大♀蛹も羽化しましたが、残念ながら重度の羽パカでした。
上翅を下に向けてサイズを計ると約52mmでした。
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR