今回は・・・

本土ヒラタも99%羽化しましたが、ブリード結果としては40点位でしょうか。

最大体重が24gまで伸び、20gUPが50頭近く現れた時点までは95点位だったんですが(T ^ T)
結局70mmに到達したのは4、5頭程度です。最後の最後で環境を変え過ぎたのがNGだったと反省しています。
体重も乗り切ったし・・・後はその体重を維持して蛹化。のはずが
断食ダイエット後の羽化になったものと予想。

因みに、羽化するまで一貫して菌糸ビン使った♂はたったの3頭のみですが、その内2頭は70mmUPで羽化してます。
66%の確率で70mm超えしたのにも関わらず、マット組は・・・。

個人的なブリードのこだわりで「自作による低コスト・ハイクオリティー」というのを大事にしています。
高い飼育用品使えば、ある程度デカくなるのは当たり前だと思ってます。
そこをいかに安く・デカくするかがブリーダーの腕の見せ所だと勝手に思ってます。



低コストを意識し過ぎて、結果手を抜いてしまったのが今回の敗因かと。
おそらくオール菌糸ビン使っていれば70mmUPは・・・・



それはこだわりを完全に無視している。



低コストでも目標を達成出来なければ何の為に努力したのかがわからない。
無駄に投資したのには変わりない・・・・

・゜・(ノД`)・゜・

ということで、次回はプライドを捨てある程度投資して上を目指そうかと思います。
マット飼育に関してはこだわりのまま、自作による低コスト・ハイクオリティーを目指しますが、
今回の失敗を踏まえて「NO!!メーカー製マット!!」を徹底します。
マットが不足したからといって、安易に使用すると幼虫が受け入れてくれるかわからんですからね。
ダイエットされては全てが水の泡。

話変わり、期待のノコギリ♀が羽化しました!!

大体で計測して39mmUPと40mmUPでした・・・・固まると縮むかな?(´д`)
41mmは届きそうにない。

70mmオーバー期待大のノコギリ♂はあと2週間以内には羽化します。
最低でも70mmは欲しいところ。73mmいけば万歳!!

見放されて放置されているミヤマも1頭初の蛹を発見!!
♀でした・・・40mmは軽く超えているように思える程デカイ。
1年1化で46mmいけば万歳!!!
ミヤマはよくわからん!!!

その他、現在産卵中のニジイロRED血統・・・こちらは30以上の産卵&幼虫を確認☆
本土ヒラタ光Bラインも20程度卵と幼虫を確認。

これから他の種のペアリング&産卵にも力を入れねば。

がしかし、部屋中にコバエが・・・・その戦闘力は530000にも匹敵する程手強い。
奴らを根絶やしにする手段も考えねば・・・・




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい結果ですよ!

マットでこれだけの結果は、すごくいいと思います。我が家でもマットでは72mm以上はほぼ出なくなりますので、是非、菌糸瓶に移行してみてください。
これだけマットで出せる技術がおありなら、きっと化けますよ。楽しみにしております。

確かに?

くわがた散歩道様

コメントありがとうございます。
確かに、マット飼育で…と考えたら中々良い方かもしれませんね(体重的には未体験ゾーンでしたし)!
ただ、山口県産ヒラタをブリードされた方で、自作マット25グラムの75ミリを羽化させた…という話を聞いてたので、全く及ばなかったのは悔しいですね(:_;)
次回は菌糸、マットともリベンジします☆
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR