連休中オークション


最近はややネタ切れ気味です(´Д` )

ノコギリが蛹化&羽化してくれば良いネタができるかも??

とりあえず、今年既に産卵セットに投入した光BラインWF3♂70.8mm×♀41mmですが
早くも産卵を確認しました。

すでに発酵マットは400L以上確保し、菌糸ビンの準備も進めている状態・・・
妥協は一切無しです。次は「失敗した」という言い訳が出来ないように(`・ω・´)

話変わり、既に羽化している個体の一部を近々販売コーナーに追加予定です。
3月に羽化した本土ヒラタなんかはそろそろブリードも可能になってくるはず(・∀・)

更に話変わり

連休中に一時的にオークションに登場したのを見逃さなかったんですが・・・
北九州産?の本土ヒラタ♀45mmが出品されていました。
野外採集からのWF3?だったような?
姉妹には45mm以上の♀も複数羽化?しているようでした。
圧倒的なサイズ・・・となると♂も気になるところ・・・
ということで、探すと72mmの♂も出品されていました。(兄弟のMAXは80オーバー?)

内歯の位置が大顎の真ん中あたりにあるように?・・・見える。
鋸歯と大顎全体のバランスからして、サキシマあたりの血が???外産??

誰かに指摘されたのかどうかはわかりませんが、その少し後に出品は中止されました。

出品している方には悪意は無いと信じたいですが・・。

それより、問題?なのは
その個体の先祖を採集したポイント。大型ヒラタが多いと書いてあったが?
交雑ヒラタが溢れているという事??
だとしたらそれは大問題では・・・?

自分で採集したから間違い無い!!信用できる!!
という考えは改めないとイカンですね(´Д` )

細部に至るまで特徴を観察して、違和感に気がつくようにならねば。

ツシマ、サキシマ、本土ヒラタの♀をゴチャ混ぜにしても、分別できる位の
観察力は最低欲しいところ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そんなことが??

連休中忙しくてオークションを見てませんでしたが、そんな個体が出てたんですね。♀45mmを出してる僕としては、WF3くらいで・・・やっぱ出ませんよ。43mmすら、WF3くらいだと1頭出すのに苦労するんじゃないでしょうか??
有名な場所ほど、放虫も多いですし、実際、70mmクラスのような天然大型ヒラタは条件が揃ったような限定された場所しか発生しないので、有名で人が多くくるようなポイントや道路沿いで採集されるのも???です。

No title

んー特に♀の区別がわかりません。
自己採取固体も混血だったら何て思うと怖いですね。
これがあれば確実に純血だっていうものがわかればよいのですが。
まだまだ勉強不足です。

天然70は奇跡?

くわがた散歩道様

コメントありがとうございます。
ほんの数時間??1日?位ですが出品されていました。
やはり、WF3位では至難の技?ですよね。45mm以上も複数羽化している
ようなので尚更・・・?です。
♂は大顎が見るからに本土ヒラタっぽくなかったですね。まるでサキシマ
でした。
因みに、我が家では42mm以上は現れませんでしたが、本土ヒラタとしては
十分デカイですね(>_<)
確かに、人が多く来るような場所ではあまり大型は考えられませんね(ーー;)

個体差が・・・

三兄弟様

コメントありがとうございます。
本土ヒラタ、サキシマ、ツシマ位は分別できますが、個体差が
あるのでたまに苦労します(ーー;)
眼と胸の隙間の広さ、前足の部分、上翅の線や全体のフォルムなんかで
見分ける事ができますよ!
天然♀からいきなり70オーバー連発とかだと、交雑を1度疑った
方が良いと思いますね。
僕も自分がブリードしているヒラタ全て交雑疑惑が無いか観察してます(ーー;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

連休中出品の大型ヒラタについて

知人にこの記事のことを教えてもらって、私が連休中に出品中した大型ヒラタが話題に上っていることを知りました。国産ヒラタにはあまり力を入れておらず、歯形が通常とは異なっていることにまったく気づかず出品してしまいました。複数の方から本土ヒラタとしては歯形がおかしいと指摘され、すぐに出品を取り消した次第です。

今回のようなことが今後起きないように、また交雑個体がオークションに出回ることを防ぐためにもこの個体の素性を詳しく記しておきます。

2010年9月4日北九州市在住のM氏からビッダーズオークションにおいて10頭以上の若松産ヒラタの幼虫を購入しました。5頭セットで売っていたものを2セット落札したのですが、おまけがたくさんついてきたのを覚えています。私はM氏を個人的には存じ上げませんが、メールのやりとりは丁寧で、私のいろんな質問にも本当に親切に答えてくれました。M氏による説明では、「地元の山でWILD採集後の累代品です。 このポイントで採集出来るヒラタは累代すると毎期大型個体が羽化する楽しみな 血統です。」となっておりました。幼虫の累代はF2で、この親は70×40ということでした。この幼虫を羽化させたところ、♂は70ミリ以上、♀は40ミリ以上で出てきました。このうちの♂1頭、♀2頭をペアにブリードをしたところ、♀は半分以上45ミリで羽化してきました。まだ蛹のものもいます。♂は今のところ67〜73ミリで羽化してきています。これからもっと大型も出てくるでしょう。ひょっとして80越え?などとかなり期待していた蛹もいます。全部で、♂♀合わせて、40頭はいるのではないでしょうか。これから国産に力を入れていこうと思った矢先、完全にこのラインは終わってしまいました。手元に残った個体、これから出てくる個体は、私のところで隔離し、絶対に脱走させないように注意しながら、寿命をまっとうするまで管理するしかありません。私の自己採集個体からのラインよりも一回り大きな個体を出せる期待のラインでしたので、私のショックは相当なものです。費やした労力、時間、使用したスペース、それに菌糸ビン(何本使ったか、考えたくありません)それらがすべて水泡に帰してしまいました。すでにオークションで今回の出品取りやめ個体の兄弟66.1mmペアを出品し、落札されたので、これについても落札者と連絡をとって被害が広がらないようにしなければいけません。今回のことで、歯形をよく観察すると、今回出品をとりやめた♂72.7mmは明らかに歯形が本土ヒラタの特徴とは異なっています。おそらく、サキシマあたりが混じっていると推測されます。それで、この親にあたる個体♂70mmをすぐにチェックしてみました。つまり、M氏から落札した幼虫を羽化させた個体です。すると、この親も明らかに本土ヒラタとは異なった歯形、出品取りやめた72.7ミリと同じ歯形をしていることがわかりました。つまり、出品取りやめ個体よりも一つ上の世代でこのような形になっているということです。それでは、その上の世代つまり、M氏が自己採集した天然個体の次の世代のF1はどのようなものかというと、これは私には判断できません。M氏はオークションサイトに、幼虫の親F1個体の画像を掲載しておりました。私はオークションサイトの画像をそのまま記録しておりますので、今でもその画像を確認することができます。オークションサイトには親虫F1の兄弟3頭の画像も掲載されておりました。これらすべての個体をよく観察すると、私のところにあるF2、F3個体の歯形とはやや異なります。しかし、ややサキシマっぽい特徴も見られるような気もします。サキシマぽっい特徴は、70ミリを越えて大きくなればなるほどはっきりしてくるように思えます。前回出品してすでに落札された66.1ミリの個体にはサキシマ的特徴はあまり出ていませんでした。

以上が、今回の連休中出品取りやめの大型ヒラタの素性とその詳細です。交雑が起きたとすれば、M氏のところでしょうが、悪意はないと信じます。♀の個体管理のところで、サキシマか何かが混じったのではないかとおもいます。いずれにしても、本土ヒラタを扱う人は、個体管理を厳密にし、本土ヒラタの地域差等にも精通し、交雑が起きないように細心の注意が必要であることを思い知らされました。

もし、山口クワガタ侍様が、研究目的で今回の交雑疑惑個体に興味がおありなら、サンプルとして個体をお送りすることも可能です。

訂正

さきほど、すでに出品した同腹の66.1ミリがあると書きましたが、今調べたところ、これは私が地元の福岡市西区のポイントで自己採集した個体からのラインでした。ですから、若松産の疑惑個体群は市場には出ておりません。

詳細説明ありがとうございます。

kenkihara 1304様

コメント&詳細説明ありがとうございます。
やはり、交雑を指摘されて出品を取り消されていたんですね。
交雑個体が市場に出回っておらず、安心しました。

自己採集品からの累代と聞けば信用できるような気がしますが、中々
上手くは行かないものですね。特に、複数の種類のヒラタをブリードしている
場合、成虫の脱走や、幼虫管理ラベルの貼り間違えは避けなければいけません。
(北九州市在住のM氏は何かを間違えられた?のでしょうね)
僕も、オオクワガタと書かれたラベルのビンから本土ヒラタが出てきたりと、
反省しなければいけないような事が過去にありました。
気を付けていたのに何故?という感じでしたね。
(産卵→卵、幼虫確保→ビンに投入&ラベル貼り この作業にもかなり注意が
必要に感じます。種類ごとに隔離できれば一番良いですが。)
それ以降、羽化した個体を1頭ずつ観察して、本当にその種類なのか確認
するようにしています。

それにしても、交雑個体のブリードに労力を費やしてしまった心中お察しします。
どの種類にしても、自分で採集&ブリードして間違いないと確認するか、本当に
信用できる方から購入するしかないですね。
(ブログなんかで飼育状況が写真付きで出ていると、確認できて安心しますね。)

ちなみに、交雑個体は標本にされてみてはいかがですか?
人により考え方は違いますが、脱走の心配をしつつ&悔しい気持ちのままエサ
を与え続けるより、勉強の為本土ヒラタの標本と並べて、どこがどう違うのか
観察すると良いと思います。
(酢酸エチルの代わりに、100均のマニキュア除光液でも大丈夫?です)

個人的には今回の交雑個体♂♀、M氏ブリード個体の外見に興味があるので
もしよろしければ、その画像を送っていただければと思います。
できれば♂♀ともに複数の個体を見てみたいです・・・さらに細かく言えば
メスの上翅の線が見えるよう、ライトを当てた状態の物も見てみたいです。
僕ごときがイロイロお願いして申し訳ないですが(^_^;)

ちなみに、福岡市西区の本土ヒラタはツシマヒラタに近いフォルムになって
いますね?北九州?と山口北西部?に生息すると噂で聞く、ツシマ型の
本土ヒラタなのかな?と思います。初めて見ました。
(北九ではあまり珍しくないそうですね?)
まだまだ知らない事もあるものですね(^_^;)

ありがとうございました。

ありがとうございました。
仕事が忙しく、なかなか返信が書けませんでした。
画像を見てみたいということですが、実物の方が良いと思います。
私のメールアドレスはそちらには出ていると思いますので、メールで連絡していただければ、♂♀複数のサンプルをお送りいたします。私自身の自己採集個体にも興味がおありなようなので、これも一緒にお送りしたいと思います。福岡西区で採れたものなのですが、累代して大型になると、独特の特徴が現れてきたように思えます。

メールを送らせていただきました。

kenkihara 1304様

ありがとうございます。
生体にて詳細を確認させていただきます。
メールを送らせていただいたので、確認の方宜しくお願い致しますm(_ _)m
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR