交雑個体

インターネットでイロイロ調べていると、オオクワガタの某血統が交雑だという話がありました。
この事については至るところで話題が出てましたが・・・

真実は如何に??関係者が暴露してる時点で黒な気がしますが。

オオクワにアホみたいに金使ってブリードしていない自分が意見するのはアレですが、大阪?あたりで
オオクワ77mm?拾った人がいるように、どこの産地か分からんようなオオクワが放虫されている
事実もあるし、雑種であっても驚きはしない。

昔は80mmがイッパイイッパイで、30g超えたら羽化できる可能性は殆どない・・・
昔はそんな感じ??(10年前位はそんな感じだったっけ?)
だったのが、今はアベレージ80超え。40gを超える幼虫も出現する始末。
「優秀な血とプロの技がそれを可能にした。」

とは、個人的にはあまり思えないなぁ。
成長の限界を血統の力で越えるにも限界があると思う。

因みにオオクワ87mmって他のクワガタの体長に換算すると

ミヤマ83mm?
本土ヒラタ83mm?
コクワ61mm?
アカアシ66mm?
ノコギリ80mm?
スジブトヒラタ76mm?
ツシマヒラタ90mm?
サキシマヒラタ90mm?

位??

トップブリーダーと呼ばれる人達なら「優秀な血統」作って↑のサイズいけるような気がするけど。
なんせオオクワで87mm。他のクワガタでも驚異的なサイズが期待できるはず。
交雑できない種でも「さすがプロは格が違う」と言わせて欲しいものです。

因みに、個人的には「オオクワ極太血統」というものは全く信用していません。
中には本物もあると思われるが、見るからに筋肉増強剤で鍛えたビルダーのようにゴツイやつもいるし。
国産オオクワの面影なし??
極太血統が登場してきた時は純粋にスゴイと思ってましたが、今は全く興味がありません。
タダでくれると言われてもいりません。
カラーアイ血統にも全く興味が・・・・

それにしても、オークションではたまに怪しいのを見ますね。

特に本土ヒラタやツシマヒラタは「ん?」と思うようなのがたまに出品されてます。
今現在も明らかに〇〇〇ヒラタに見えない個体が出品されてます。
出品する側はそれを見抜く力さえ無いのかな??確信犯??
サキシマヒラタをアマミヒラタなんかと間違えて出品するレベルだと思うよ。

交雑個体が増えるかと思うと溜め息が出ますね(ToT)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR