ブリード状況

産卵していたノコギリの卵が孵化しました(^O^)
♀であれば羽化したその年にペアリングOKということが確認できました。
後食確認できればOKの合図!!
♂は後食しないしやっぱ休眠後かなぁ・・・。後食開始した♀を翌年のブリードに使用
したい場合は冷蔵庫で強制休眠でもしないと厳しいかな?
後食開始した♀を常温で管理した場合、冬に休眠できるかも見ておく必要があるな。
秋に寿命で死にそうな気がするが・・・

孵化した幼虫は親♀が40mmあるだけに1齢幼虫の頭幅がデカく見える!!
これから♂74mmUP♀42mmUPを目標にブリードしていきます☆
その為には幼虫体重♂13~14g、♀10g位が必要になるかな~。
♂は12gあれば70超える可能性が高いと思う。
自作発酵マットで勝負!!

さてブリード状況ですが、相変わらず3ヶ月を待たず交換するケースばかり。

ツシマ♂23g
本土ヒラタ♂19g、♀7g(どちらともまだ伸びる要素有り!!)

という感じです。
本土ヒラタに関しては、70mmにあと一歩の19gが既に出ました。(前回は光Aライン19gで70mmが羽化)
まだ伸びるはずなので70mm超えは確実か?
♀に関しては今回は10gが出現するのでは??と期待する3齢幼虫が多数・・・化物♀を見てみたい。

あと、今週の終わり頃にでも餌交換しようかな(1齢幼虫投入後約3ヶ月経過)・・・という
本土ヒラタWモザイクラインの幼虫が1頭居ますが、800ccビンの外側から見た感じ
既に20gを超えてそうな気がするが・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR