クワガタ飼育こだわり?

以前回収した卵が孵化し、幼虫が沢山・・・
事前に詰めた200cc菌糸カップへ投入中です。

前回卵回収して以降、殆どのメスは産卵をやめた???
とりあえず、ケース側面には卵が全然見えない。

ただ、本土ヒラタ保険ラインを除いては・・・・

主力の本土ヒラタで産卵に失敗した時の為に用意したラインなんですが・・
親はWD♂65mm×AラインWF1♀38mm。現在爆産中?

主力の産卵には成功したし、保険ラインは実験に使わせてもらおうか(゜∀。)?
ズボラ飼育でどこまでデカくなるか・・・

今の予定では、近々40ℓ?程度の巨大菌糸ブロックを作成し、そこに20頭程度?
ぶち込んで約3ヶ月程度放置!!!
(ビンを洗ってイチイチ詰めるのがめんどくさい!!!!汗)

その結果コイツはいける!!と思った幼虫は主力メンバー入り
主力メンバーになれなかったものは、アイディアという名の添加剤を添加し
ズボラ継続で放置・・・

予想では20gを超える幼虫が必ず出てくるはず・・?
ズボラと言ってもブロックの中身にまで手を抜くつもりはない。
アイディアという名の添加剤が必ず成果を出してくれるはず(笑)

因みに、去年菌糸ビンが足りずに2ℓビンに2頭初齢幼虫ぶち込んで放置した結果は
16gと17gだったような(~_~;)

前回は親が小さいし卵も初齢幼虫も小さかった(卵はコクワ並みの大きさ・・泣)
のと比較し、今回のはそれなりの大きさだし期待は出来る。はず?

因みに因みに、本土ヒラタ各ラインの羽化が一通り終了しましたが
♂は70mm越えはAラインの1頭のみで、後は60~68mm程度でした。
特に64mm程度の層が厚い感じですかね。
♀は各ラインに40mmが1頭以上羽化し、最大は41mmに届かず。

結果としては「ボチボチ」です。一発目にしては・・・

他にブログとか見てると、同じ山口県東部産のヒラタで最大75mm付近で、アベレージ72mm付近?
というかなり凄いのを羽化させてる人もいるし(少数精鋭ではあるが、兄弟は皆70オーバー)

燃えるね(^ω^)♪

とりあえず、2013年冬(予定)羽化個体は野外ギネス越えを目指す!!!打倒75mm!!


話は少し変わり

「クワガタ飼育のこだわり」についてです。

人によっては色々なこだわりがあると思いますが、個人的なこだわりは↓

①どこにでもいる種類(コクワ・ノコギリ・ヒラタ・ミヤマ)は山口県東部産しかブリードしない。

②購入した菌糸ブロックや発酵マットは極力そのまま使わない。
 特に発酵マットは、そのままビンに詰めて幼虫に与えない。自分で作成したマットを混ぜる等
 「何か」工夫する。

①については高校野球と同じですかね?地元のチーム、地元の人間だからこそ応援したくなるというか?
 増えすぎた時に県外産だと困るというのもデカイ。
 
②については・・・自分の力で大型を羽化させた!!という満足感・達成感が薄れるから??
 あとは、結果が裏目に出ようがアイディアという添加剤(笑)をどうしても入れてみたいからか・・

こんな感じでしょうか(^ω^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR