本土ヒラタ・・・・・・?

オークション等で本土ヒラタの雑種が多く出回っている事実を知り、憂鬱になりながらも

今までそこまで真剣に「本土ヒラタ」の特徴を見ていなかった自分に気がつきました(-_-;)

下手な交雑種は簡単に見分けられる気がしてましたが、本土ヒラタの細かな特徴までは・・・


さて、話は少しだけ変わりますが


ビークワ41号の本土ヒラタギネス個体についてです。

今までクワガタ専門雑誌というものは買った事がありませんでした



本土ヒラタギネス80mmオーバーの話を小耳に挟み、初めて購入しました。

そして、本土ヒラタ81.8mmを見て驚きました。

アゴが短いが体は太くゴツイ。もしこれがアゴが長いタイプだったら

84mm位いってたんじゃないか・・・かなりヤバイ。

衝撃でした。

が、しかし

その衝撃と同じ位大きな違和感を感じました。

ビークワに載ってるし、こんな本土ヒラタもいるんだな・・・と納得してみたものの

交雑種が多く出回っている事実を知り

改めてビークワを見てみましたが、やはり違和感がある。

「本土ヒラタの特徴」というものを考えながら、どこに違和感があるのか調べてみました↓
ギネス
違和感を感じる箇所に〇をつけました。

まずアゴのギザギザですが、ここまで規則正しくハッキリと現れている本土ヒラタは
今まで約20年間(現在24歳です)見たことがありません・・・たぶん。
これは違和感大。

次に内歯付け根のカーブ部分ですが、本土ヒラタにしては急過ぎる気がします。
山口産本土ヒラタ、その他色々な産地の本土ヒラタを見ても、もう少し緩やかなカーブになっている気がします。
ただ、極稀にこのタイプがいるかもしれません。
これは違和感小~中。

最後に、胸部の凸部分です。
ここにかなり大きな違和感を感じます。
多くの本土ヒラタを見ても、ここまで大きな張り出しがある個体は居ない気がします。

これらの特徴は中国?~東南アジア?のヒラタに通じているものがあると思います。
ビークワ41号のベトナムヒラタを見てみると、アゴや胸部の特徴が酷似しているようにも思えます。
(後足に棘もあります)

また、幼虫時の体重は33gと特大であり、兄弟にも80mmが羽化。

日本中に居る本土ヒラタに情熱を注ぎブリードしている方達が、幼虫体重が20g後半でヒーヒー言っている中

でのかけ離れた体重と羽化実績。

これが本土ヒラタ大型血統の力なのか?本土ヒラタ・・・・純血・・の?

※これらの意見は個人的に感じたものを書いただけであり、血統やブリーダーを批判している訳ではありません。

クワガタを見分ける眼力がまだまだだと思うし、この件に関して本土ヒラタをブリードされている方達の意見も
是非聞いてみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

面白い着目点ですね。

はじめまして。


気になってBE-KUWA7号と大図鑑のプレートを見てみましたが
確かにベトナムヒラタと歯型、前胸背板後角が酷似してますね。
最大最大サイズも野外で41号ギネス特集で90.0mm、大図鑑で86.0mmと
なっており、本土ヒラタよりも大型化する亜種のようですし。

この個体の兄弟についても気になってしまいますね。

コメントありがとうございます!

nanasi1945様

はじめまして。コメントありがとうございます。
やはり一部特徴が酷似していますよね・・・しかもあの特徴は
本土ヒラタには無い特徴ですしね。
兄妹でも80mmが羽化しているようなので、他の兄弟についても
確認してみたいですね!
この個体と同じような特徴が多ければ、疑惑は深まるばかりですね。
個人的には、この血統がギネスを更に更新する気がします。
2年以内に83mmは・・・・羽化する気が。

同じ意見です。

僕も同じような点に疑問は感じてます。一番は、鋸歯で、ある程度の大きさになると、この部分は斜め前を向くのですが、これは真横に近い・・・
果たして、自分の飼ってる本土ヒラタがこの大きさになった際、この鋸歯を持つのか???? 
でも、認められてるから、間違いないと信じたい。 果たして、幼虫時30gを超えるを幼虫が、我が家出せるかは・・・無理に正直近いと思ってます。
何とか、近づきたいものです。

やはり・・・

くわがた散歩道様

コメントありがとうございます。
やはり、本土ヒラタを日頃から良く見ている方は違和感を感じますよね・・・
特大サイズになると、何かが変わってくるのかもしれませんが・・。
(ブラックバスでも、30cmと50cmじゃゴツさ?・・何か変わってますし)
ただ、クワガタに関しては正直76mmも81mmも大した形状の差は出ない気も
しますが。
本土ヒラタ30gオーバーはバケモノサイズですよね・・・
20g後半でも手応えを感じるレベルだと思いますし。

ビッグサイズは地域差?

私もヒラタブリーダの一人です。近所(四国の田舎)の普通種に熱を入れてはや13年。幼少のころ(30年も前)、70mmを超えるようなワイルド特大個体がよく採れており、地元産でギネスを!と思い、ずっと飼育しています。
ずっと飼育していればよいこともあり、自己ギネス75mmです。(幼虫時26g)
さらにブリードを継続していますが、今年は31g、32gといった今まで経験していない大型の幼虫が見られています。ただし幼虫個体のばらつきが非常に大きく、小さいものは15gや17gのものもいます。平均22~23gといったところです。多数飼育する必要があると思います。
外産ヒラタは飼育していないので、交雑はありません。

私の住んでいるところは、ギネスの和歌山有田と緯度が同じ程度、温暖であるという特徴が一緒ですので、第一条件は種親が温暖地域で採取されたということが前提と思われます。

コメントありがとうございます!

ヒラタブリーダー様

はじめまして。コメントありがとうございます。
やはり昔は今と違い大型が多く採集できたようですね・・・
気温の関係と自然の多さが影響しているのかもしれませんね。
やはり、地元のクワガタでは情熱がより一層増しますよね!!
しかし、特大ヒラタ凄いですね(汗)
幼虫で30g超えとはまた脱帽です((((;゚Д゚))))
長年情熱を持って累代した成果ではないでしょうか?凄すぎます(汗)
あとは無事に蛹・・・成虫になるのを祈るばかりですね。
よろしければ羽化結果等また教えてもらえないでしょうか_(._.)_
無事に羽化できればギネスもありえますね・・・

和歌山も温暖な地域なんですね!確かに、寒い地方のヒラタではギネスどころか
70mmすら困難そうですからね(~_~;)

幼虫30gの道

こんばんは。
昔の近所産の記録は最大73mmというのがあります。ヒラタはどこにでもいる超メジャーな種類で友人と大きさを競い合っていたことを思い出します。60upでは相手にされません。。♀も超特大が採れていましたね。特にネコヤナギの木にたくさんいました。

私は近所産ミヤマにもこだわっており、近所産ヒラタの飼育温度は、冬場はミヤマの飼育温度域(18℃)+2℃くらいにキープしていました。今は22℃くらいです。
同じような温度条件にも関わらず幼虫体重が大きく変動し、結果として15~32gまでばらつきました。母数は20♂です。
ちなみにビンを眺めるのは、幼虫のストレス防止のため月1回に限定しています。また真っ暗にしてあります。参考にしていただけたら幸いです。

あとは無事に蛹化、羽化を祈るのみです・・・・飼育室の奥のほうに仕舞い込んだので2ケ月後が楽しみです。
なお本血統の現在の最大は71mm(最大29gありましたが、大暴れでダイエット)。これがあるからヒラタは怖いですね。

また情報がありましたら、コメントいたします。

ネコヤナギですか!

大型ヒラタ凄すぎますね(汗)
こちらでは65mm程度の個体を1年に一度採集出来る位の感じでした。
今では60中盤は殆ど採集できない状態で40~55mmあたりが殆どです(´;ω;`)
採集できる木に関してはクヌギしか見分ける事ができないので、勉強が必要です・・・

ミヤマは経験ないですが、時間も掛かるし大変そうですね・・
温度設定は低めなんですね・・・バラつくのは本土ヒラタならでは?
なんでしょうかね。
静かな位場所で放置が一番ですよね!分かってはいるのですが、観察
したいという欲求に負けています(汗)そのせいでツシマの蛹潰しましたし(汗

29gとはまたバケモノですね・・・ダイエットは残念過ぎます(´;ω;`)

はい!!ギネス期待してます☆

個人的に内歯付け根のカーブは急なタイプの本土ヒラタこのみです。
福岡や山口近郊では緩やかがおおいのかもしれませんね。

アゴ形状

通りすがり様

コメントありがとうございます。
顎の内歯付け根カーブですが、福岡や山口で緩やかなのが多いというのは個人的には考えられませんね?
広島や岡山、香川、和歌山、千葉産の本土ヒラタ等と見比べてますが、大きな差は無いように思います。
本土ヒラタの内歯付け根カーブは大顎に対して大体90°に曲がっているように思います。
この個体のように90°より鋭くなっているタイプは大型個体では殆ど見たことがありませんが・・急なタイプが多く発生する産地があるのでしょうか?

明らかにおかしい

はじめまして

クワガタのブリードが成功して世に広まる前の時代に九州産を主に
千頭近い本土ヒラタを採集、1万頭以上の東アジア、東南アジア産の
ヒラタクワガタ標本を見て来た経験から言いますと、

このヒラタはベトナムとは断定できないまでもインドシナ半島産に違いないと見ます。
しかも本土ヒラタや他の国産ヒラタとの雑交ではなく純粋なインドシナ半島産。
ご指摘の箇所以外にも下半身(上翅)が太く長いのもこの地域のヒラタに出やすい特徴です。

一方、本土ヒラタの大型個体(65〜75ミリ)に極端にアゴが短かったり長かったりするものはなく、バランスの取れた中での太め、細めでした。

BE-KUWAに限らず、そしてヒラタに限らず異様な極太や不自然なサイズのクワガタは
交雑や単なる外国産である可能性が少なくないので個人的にはあまり信用しません。

パラワンヒラタやスマトラヒラタ、グランディスオオクワのように他の何と混ぜても小さくなったり細くなったりする種類の場合は交雑はまず無いでしょう。

すごい(汗

巨大ヒラタマニア様

はじめまして。コメントありがとうございます。

それにしても説得力のある御意見ですね。日本でもトップクラスにヒラタの事を熟知されているのではないですか(。。;)
純粋な外国産の可能性があるのですか…
しかし、この個体の兄弟は形状にかなりバラツキがあるので、個人的には交雑を疑っています。
アゴが長かったり、短かったり、口の部分が完全に凹の溝があったり、無かったり…

このブログに別のヒラタの画像を1つ載せていますが、この血統と血の繋がりがあります。どう見ても東南アジアのヒラタ?に見えたりします。(しかしその個体の兄弟には、本土ヒラタに見える物も出現してます…)
個人的にも、一部のギネス血統や極太なんかは交雑であってもおかしくないとは思いますね(>_<)

回答ありがとうございます。

大型がすくないと言うことですよね。
そのとおりだと思います。

ご回答ありがとうございました。

内歯の件です

こんばんは。はじめまして♪

和歌山で生まれ育ちヒラタをはじめクワガタ色々採集50年のじじいです。

内歯の件、正解です!
たまにギザギザが並んだ部分が揃う個体もありますが、特徴的には先端にいくほどギザギザが無くなるか、または小さくなるのが普通です。

近年、80ミリを超える個体が出品されておりますが、一目瞭然ですね!

ありがとうございます。

和歌山のじじい様
コメントありがとうございます。
やはり地元の詳しい方なら一目瞭然ですよね。
和歌山のショップの方も形がおかしくなってきている
と言われているようですし。
天然物としてオークション出品されている有田ヒラタも
形がおかしいです。
相当血の汚染がすすんでいるのではと危惧しています。

初めまして。
5年ぶりにクワガタ飼育を再開し出した者です。
昔は外産中心でしたが今度は国産中心にシフトしようと思ったところ、こちらの記事を見つけました。
皆さん熟練者様ばかりでとても勉強になります(^^)

しかし驚きました。
ブリード品だけでなく、ワイルド物まで交雑が進んでいっているとは。
私はネットで岐阜産の野外ヒラタを入手したのですが、これも交雑の血が進んでいる可能性があるのでしょうか…。
ツシマヒラタも飼育したいと考えているのですが、こちらも交雑がありえそうですね。

そういえば友人に至っては先月、山梨で野外品のオオクワをゲットしたそうですが
サイズが75mもあり、明らかにアゴも太かったそうです。
そう考えると野生本来の血はどんどん汚されているのでしょうね。
残念でなりません。

私も勉強中の身ですが、野生の血を大切に飼育していきたいと思います。
長文失礼しました。
勉強になりました。ありがとうございます(^^)


初コメありがとうございます。

ウェイド・ウィルソン 様
はじめまして。コメントありがとうございます。
個人的には国産クワガタが大好きですね!
外国産は何故かすぐに飽きてしまいます。
本土ヒラタですが、和歌山有田、北九州一部のヒラタは
間違いなく交雑が進んでいるようです。
オークションに出ている有田ヒラタは明らかに形が違いますし、
現地のショップやヒラタに精通している方も意見は同じようです。

オオクワも天然物なのか、また、純血なのか全く分からない
状況になっていますね。
調べるといろいろと悪い噂が出てきますし。
オークションに天然オオクワ出てますが、個人的には信用できないと思っています…

国産種楽しいですよ!
ブリード頑張っていきましょう(^o^)

ヒラタのオオクワ化

あれですね
ヒラタもオオクワ化してるんでしょうね

交雑させて太く大きく

オオクワは交雑を国産と信じさせるために
放虫してるらしいので

ヒラタではそれがないことを祈ります

No title

。ー様

コメントありがとうございます。
一部の地域では当たり前のように交雑ヒラタが
繁殖しているようですね。
有名産地や大型血統として売買されるので、かなり
タチがわるいと感じています。
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR