本土ヒラタ大顎について

本土ヒラタ交雑検証記事に何故か書いていなかった本土ヒラタの大顎の特徴について書いてみます。

下手くそな絵で解説します。

↓は本土ヒラタです。鋸歯は省略しています。


↓はスマトラヒラタです。同じく鋸歯は省略。


何が違うか分かりますか?

↓は現在羽化している中でも大顎が太めのあかがね血統です。


特徴としては本土ヒラタの特徴・・・だとは思えません。

何故ならば



本土ヒラタは基本的にAの幅はBの幅より小さくなります。

純血の本土ヒラタを採集&ブリードされてる方ならピンとくると思います。

逆にスマトラヒラタなんかだと、Aの幅の方が大きくなります。

これをあかがね血統に当て嵌めると、本土ヒラタの特徴から外れている事が分かります。

大顎先端が太すぎるのも本土ヒラタの特徴からは外れていると考えますが。

地元本土ヒラタをブリードしても出てきませんが、あかがねをブリードしていると、これらの特徴を持った個体がチラホラ羽化してきます。


超大型血統とは何でしょうか??


因みに、

・大型の♀ほど大型の卵を産んで、幼虫も大型になる
・種親を選別して毎年サイズUP

というのは、人それぞれ考えはありますが、個人的には納得しません。

どちらとも実行しても数年の内にサイズの伸びが頭打ち状態になるのが普通?と思います。
(何百何千とやれば違うのかもしれませんが)

と、まわりの本土ヒラタブリーダーさん達を見てて尚更思います。

自分自身ここ何年も頭打ちのようなものですし、毎年サイズUPできる程クワガタブリードは甘くないと痛感しています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いや~

いつも大変分かりやすい解説有難うございます。
クワガタブリードは甘くない!・・・
私もその通りだと思っています!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

かっき様
コメント有り難う御座います。
そう言ってもらえると嬉しいです!!
クワガタのブリードはたまに中々良いサイズが出ますが、それらの素晴らしい個体を種親にしても結果がイマイチな事が多々ありますよね。
本当に多々あります・・・

なるほど。。。

いつも勉強になります。ありがとうございます。
交雑個体で金儲け、飼育ギネス申請するやつらが少しでも減ると良いです。

No title

通りすがり様

コメントありがとうございます。
交雑個体で好き勝手されるとモチベーション下がりますよね。
本土ヒラタ飼育ギネスについては、既に手遅れですが・・・
そのうち90UPが出現すると思われます。
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR