あかがねブリード状況(5/23更新)

意図的に早期羽化させ、小型化を狙った♂達が一部羽化しています。
羽化した個体を見ると・・・個体ごとの特徴のバラツキはあまり無いように見えます。
(脚の棘が無い個体は居ますが)

今までのブリード結果を見ると、種親♂?の特徴を受け継ぐ傾向があるように思えます。
今回使用した♂は本土ヒラタにやや近い外見をしていましたが、現状羽化した♂は本土ヒラタに近い外見をしています。
検証の延長(どれだけ本土ヒラタから離れた個体が羽化するか)としては、光沢の強いスマトラヒラタのような♂を種親にするべきだったと後悔しました・・・。

早期羽化狙い以外のブリード状況としては、♀48mm×2が羽化しています。
蛹体重が離れていましたが、近いサイズで羽化してきました。
残りの蛹、前蛹からして49mm以上も現れる可能性があります。

♂は41gの幼虫が蛹になりました。
予定より早く蛹になったので、期待はしていませんでしたが・・・羽化予想サイズは83~86mm位かと。頭がデカく、大顎も長め。ただ、蛹体重は23.5gしかない。頭部以下もそれなりにデカければ85mm以上にはなるか・・といったところ。
他44g幼虫もそろそろ蛹になりますが、予定より早く前蛹になったのもあり、同じく期待薄。
46gの幼虫も前蛹になりつつある?期待はあまりしていませんが・・・

期待できそうなのは、残りの44、41、40gの幼虫ですが、狙い通りにいくか?


5/23追加

上記44g幼虫が蛹になりました。

前蛹も太短く痩せて不恰好だったので期待薄でしたが・・・

画像では伝わりにくいですが、頭がデカイです。
84mmで羽化した個体より普通にデカイような?
羽化予想サイズは83~86mm位か?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中間雑種→分離

雑種二代目は母系似25%、父系似25%、中間50%になって、それ以降はどれを親にするかでグチャグチャになりますからね…

No title

きら→様
コメントありがとうございます。
♀に関してはどちらに似ているか判断しづらいので、ブリードを続けると早々にグチャグチャになりそうですね(汗
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR