本土ヒラタ超特大血統は存在するのか?検証の前に

検証記事は時間と気力の関係でまだ纏めるには至りませんが、参考に画像を一つUPします。



左は山口県下松市産本土ヒラタ70mm
真ん中はあかがね血統で最も肌質が粗かった個体
右はあかがね血統で最も光沢があった個体

画像をかなり拡大すると差が尚更良く分かると思いますが、3種類のクワガタに見えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

う~ん・・・

同じ血統でここまでお肌の感じが、
異なるとは・・・何故って?感じですね~(笑)

No title

本土ヒラタの70upも凄いですが80upは流石にすごい迫力ですね。

1cm違うと太さ長さ共に全然違いますね。

いつも考察記事や大型個体の羽化画像のアップ楽しみにしています。

何故か

かっき様
コメント有難う御座います。
羽化した個体の殆どは肌質が「?」で普段見る本土ヒラタとは
別物に見えました。
そもそも、その土地に長い年月生息してきた種であるにも関わらず
形状や肌質がばらつく事自体有り得ないと思います。
純血というには無理が有りすぎます。

No title

通りすがり様
コメント有難う御座います。
画像のあかがね血統はどちらも80mm位です。
この太さや迫力はあかがね血統ならでは?と思います。
大顎まで太い本土ヒラタは殆ど出ない印象があります。

有難う御座います。
見応えのある画像や記事をUPできるよう精進します。

ヒラタクワガタを調べていてこちらにたどり着きました。

とても興味深い実験されていますね。
こちらの3匹、同じ兄弟とはとても思えないですね。特に右のヒラタクワガタはどうみても外産クワガタの特徴が強いと思います。
昔からホンドヒラタクワガタを採集させている方であれば直ぐにわかりますね。
これからも検証結果を楽しみにしております。

再度コメントすみません。
真ん中と右の2匹が同じ兄弟にみえないの間違いです。すみません。

オマハ様
コメントありがとうございます。
個人的にもオマハ様と全くの同意見ですね。
一般的に採集、飼育されている本土ヒラタとは明らかに異なる特徴が出ています。
これだけの差を個体差の範囲で片付けてしまえるのは恐ろしいです。
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR