今度こそビークワ

仕事関係で胃が痛いです。

仕事から帰り待ちに待ったビークワを見ました。

本土ノコギリギネス更新はさすがとしか言いようが無かったです。
三流と一流の差か…頑張ってもこれを抜くのは無理な気がします。
山口産で言えば幼虫体重的には15~16gは最低必要?と思われます。

ハチジョウヒラタもぶっ飛んでますね。
なにヒラタ?と聞かれても見た目では分からないです。

ぶっ飛んでると言えば
新居浜産本土ヒラタもぶっ飛んでます。
デカイし、ここまで鋸歯が発達した個体は見たことありません。

オークションに出品されている個体、自分が落札した個体を比較しても、個体によって特徴がばらつく傾向があるようです。
自分が落札した♂3個体は簡単に言えば
●75ミリ艶々光沢タイプ
●77ミリ艶消し光沢タイプ
●75ミリ艶無し光沢無しタイプ(ブリードに未使用)
に分かれていました。

ブリードの経過としては♂77ミリの子供の方が幼虫体重アベレージは高いように思います。
各産地の本土ヒラタで20g以上出せる方なら、30gは難しくないと思います。

しかし1本目から40gは今のブリード状況からして無理そうです。

期待のデカヘッドが26.5g⇒40gあたりまで育っているように見えますが、数日前より縮んでいるような…
切腹自殺していない事を祈ります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは

たしかに愛媛ヒラタは個体によって特徴がバラつきますよね。ツヤありで短歯の個体が多いと思います。個人的に好きな艶消しでバランスのとれたアゴの個体はなかなか見ないように思います。

お持ちの個体は艶消しなんですね。羨ましい(笑)

ギネスは85ミリとのことで、私もビークワを買って見てみようと思います。

クワガタ侍様から譲っていただいた山口ヒラタはまさに私の理想の形をした血統なので、これで75ミリ以上でたら相当格好いいと思います。

今から産卵させる予定なのですが、23度しかなく産むかなぁ汗

理想の艶消し

クワガタ大好き様
こんばんはm(__)mコメントありがとうございます。
艶有りの短歯が多かったのですね!
ばらつきには「種親選び」がかなり影響しているのかもしれませんね。
今ブリードしているのは、♂が艶有りと艶消しなので、どんな姿で
羽化するか楽しみです。
ちなみに、ビークワギネスは艶消しの凄い格好をしています。
鋸歯は外国産ヒラタ並です。是非見られてみて下さい。

柳井市産ヒラタは、数百ブリードしても未だに73mmまでしか
羽化していないので、是非、75mm超えを目指されてくださいm(__)m

23℃は厳しいかもしれませんね…
ケースを発泡スチロールなんかに入れて、電気毛布の弱で
加温したらいいかもしれません(;´_ゝ`)
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR