愛媛ヒラタエサ交換

本土ヒラタマニアの皆さんは気になってたんじゃないでしょうか。
本土ヒラタでは今一番注目されている(多分)
愛媛県新居浜市産の本土ヒラタ…

種親を3ペア程ヤフオクで落札し、ブリードしています。
確か♂は全て75mmと記載されていましたが、内1頭はサイズ計ると77mmあったので、77mmという事にしています。
お尻がはみ出していた75mmは補欠という事でブリードには使用していません。
(♀が1頭♂に挟まれて即死しました。凄まじい力で。)

75mmラインは幼虫30中盤、77mmラインは幼虫60程度確保し現在ブリード中です。

(目的はあくまでも、大型血統の検証なので、デカイのが出たからといって販売したり、ギネス申請はしません。)

初回エサ投入し、2.5ヶ月~3ヶ月後経過したものの、4頭程度エサ交換しました。

本土ヒラタでの30gはかなり難易度が高いのが常識で、
特に菌糸では体重が乗りにくい…かと思います。

この血統では最大40g近いのが出ているようで、30gがどの程度の難易度を要すのか非常に興味がありました。

結果としては↓




初回投入から80日程度での最高がこれでした。
次に30.3g、26.5g、24.5gでした。

24.5gの幼虫については伸び代がまだありそうなので次回30gいくと思われます。
31.4、30.3gの幼虫についてもまだ伸びると思われます。
幼虫の頭幅は菌糸組が13mm代位?でした。

あえて触れていない26.5gの幼虫は自作マットでブリードしたものです。
実はこれに一番驚きました。
頭幅が15mm程度?あり、体も「まだまだ」成長の余地がありました。
次回エサ交換時には40g超える可能性は高いと個人的には思います。

エサ交換を控えている幼虫はどれも30gはありそうです。
ということで、最終的なアベレージは楽々30gいきそうな感じがします。

♀幼虫はビンの側面から見るに、最大15~18g位はいくのではと予想します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

30gUP何てすごいですね。
自分は23g行くか行かないかでヒーヒーしてます。
やっぱり血統ですかね。
経過楽しみにしております。

普通は出ませんね…

三兄弟様
コメントありがとうございます。
こんなに簡単に30gが出るとは思いませんでした。
ドラゴンボールで例えるなら、フリーザを倒した時の悟空みたいです。
普通の東寄りの本土ヒラタだと23gでも簡単では
なさそうですね。
体重がサイズに反映されるように頑張ってみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR