ニジイロ&本土ヒラタ

少し餌交換しなきゃいけないかな?という状態だったので交換しました。

ニジイロは♂22g♀は11g代が現在のMAXのようです。
1回目の交換から25gとか出てほしいなぁ(-.-;)

期待してない本土ヒラタ光Bラインは菌糸瓶&マット共に♂20gがMAX。

Wモザイクラインは1頭のみマット組を交換。
その結果↓
W23g.jpg

スタートから中々好調??
今回は1回目の交換から25g以上を狙ってるので今後に期待大!!

まだ餌交換は始まったばかりだo(^-^)o
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいサイズです!

23gは期待できますね! もう一伸びで75mmは超えてくるんじゃないでしょうか?楽しみですね。 大きくなりますように♪

伸びるか微妙(^^:;)

くわがた散歩道様
コメントありがとうございます。
23グラムはいい感じなのですが、もうひと伸びするかは微妙なところです(*_*)
山口県東部産の75ミリを拝んでみたいです(+_+)

No title

おー23gはすごいですね。これから瓶交換する子達が楽しみですね。
期待してますよ。

No title

お久しぶりです。

ギネス血統ですが本家の方より2年ほど前に直接譲ってもらいました。よく知っている方で、性格や日常の行動より、意図的に交雑させるような方ではありません。というか、非常に頑固者で血統も絞ってブリードされています。

次に愛媛のヒラタですが、これは7、8年前に自己採取した33mm♀が始まりでした。ギネス血統は、友人宅のブリードスペースを間借りしてブリードしており、愛媛産は自宅で飼育しているため混ざることはありえません。ここはブリーダーとして非常に重要なポイントです。
侍さんの”飼育中に交雑したのでは?”という疑念に対して、強く否定します。軽い気持ちで飼育していません!怒


それでも愛媛産がギネスの形状に似ているとおっしゃるならば、愛媛産も交雑であるか、もしくは純血ヒラタで個体差の範囲のどれかでしょう。
どちらかは私もわかりません。

あとは地域差ですね。
北九州や山口ではあごの長い個体が多いと聞きます。私は愛媛産ばかりを飼育してき、他の産地を知りませんが、飼育温度帯によっては短歯が出たり長歯がでたります。羽化までにかかる時間によってもサイズは同じでも形が違ってきます。そこら辺りも踏まえての疑念だとは思いますが、私の本土ヒラタ飼育経験から言えることは(かれこれ15年以上)、本土ヒラタほど形状がバラエティーに富んでいるものはないということです。一応、そこでまで極めているつもりです。
75mmを超えると愛媛、ギネスともに横幅がでてきてかなり格好良くなります。

侍さんやその友人の方が、ギネスや愛媛産を100,200頭と飼育し、小さいものや大きな個体をくまなくみて、それで得た結論=交雑 という図式があればいいのですが、そうでないのであれば、交雑という結論は早々ではないでしょうか?

愛媛産は、初めは小さかったですよ。ギネス血統もそうのようでした。
せいぜい出ても65mmでした。それをあきらめず良い個体同士を掛け合わせて出てきた血統です。4代目あたりでようやく70を超え、6代目ではじめて75mmに到達しました。自分の飼育技術の向上とあわせて、築いた自慢の血統です。


なお、ブリーダーの皆さんの近くの本土ヒラタはすでに汚染されているのかもしれません。
昨年、広島県の友人が、樹液でスマトラヒラタの86mm♂を樹液で見つけたという連絡もありました。このため最近野外で得られた成虫や、得られた幼虫は要注意と思っています。

疑いをかけられた側から返信できるのは、せいぜいこの程度です。結論も何も出ませんが、私としては、ギネス血統を手塩にかけて育ててきた本家の方の人格や努力、そして自分が育ててきた愛媛産が少なくとも自分たちのブリード過程では交雑がないことより、誇りをもってこれからもブリードしていきます。

結局は

三兄弟様
コメントありがとうございます。
23グラムがいきなり出たので順調?かもしれませんが、最終的には還元率にもよりますねf^_^;
前回は50頭近く20グラム超えましたが、70オーバーは僅か数頭でした。
三兄弟様のヒラタも今年は70オーバーですね!

回答ありがとうございます。

ヒラタブリーダー様

あんな質問しては怒られても仕方ないと思ってました。わざわざ回答していただきありがとうございます。
まず、和歌山ギネスですが本家とは現ギネスの京都の方なのか、ショップの方なのかは僕には分かりません。
昔の画像もありますし、交雑があったとしたなら、ショップの方になります。京都の方が交雑させたとは思いません。

和歌山が交雑だと言う理由ですが、多数の方が画像から判断したというのもその理由ですが、1番の理由はギネス血統をブリードされている複数の方から交雑だという意見が出ているからです。
一部の人が現物をまともに見ずに騒いでいる訳ではないです。

また、ヒラタブリーダー様の言われる個体差についても、理解しているつもりです。
確かに、やり方次第でかなりばらつく可能性はあります。
アゴの長短、太さ、内歯の出方や鋸歯の形状、数には差があるのはわかります。
逆に「差が大して出ない部位」についても理解しているつもりです。

愛媛産については、75ミリ以上の横幅のある短歯個体をブリードしたこと無い自分には経験したこと無い次元でもあります。ヒラタブリーダー様のお気持ちは理解しているつもりですので、これ以上何も言いたくありません。

また、広島でスマトラとは残念です。
いろんな場所で外国産を売ってるのを見かけるので、その放虫は氷山の一角かもしれませんね。
あと、血が汚染されてたら素人でない限り一目瞭然かと思います。幼虫は軽く25グラム以上、体長
は軽く75超えるはずです。なにより形がおかしいはずです。

因みに、僕がブリードしている山口県産ヒラタの形状は愛媛産にかなり近いかと思います。
東部にはツシマ系はいませんし。
中国(山口西部、島根一部除く)、四国、関西のヒラタは見た感じ大きな形状差は無いと思います。
混ぜられて産地答えろと言われても無理です。

交雑については文章であれこれ言っても大して説得力が無いので画像付きで近い内に記事にしようかと思います。
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR