本土ヒラタ交雑について

本土ヒラタ交雑について、新たに気付いた事?を下記します。

まず顎先について



どこにでも居るような本土ヒラタです。
顎先は↓に適当に書いた左のタイプになります。


本土ヒラタについてはこのタイプか、対馬ヒラタ
に似たタイプの2通りが存在すると思います。

一方右のタイプは東南アジア(南国)に生息するヒラタに多く見られる顎先になります。
現ギネス含め、オークションに出品されている特大血統ヒラタに見られる?特徴でもあります。
わかりにくく言えば、顎先が

こうなるはずが、


こんな感じに捻れ、内側の突起が斜め上を向いています。

また、なんでこんな事に気が付かなかったのか
と思う点を下記します。






共通点は何でしょうか?

よく考えたら本土ヒラタにはほぼ出ない特徴です。
(100%ではないが)

答えは↓


です。
本土ヒラタは内歯にめり込んだ位置や、内歯真横にハッキリ鋸歯は現れません。
東南アジア(南国)のヒラタに多く見られる特徴です。
現れたとしても、確率的には1%未満と思われます。

がしかし、現ギネスや前ギネスの画像を見て頂きたい。
また、個人ブログやショップの同血統の画像を見て頂きたい。
かなりの確率でこの位置にハッキリ鋸歯が現れている。
これは個体差というレベルを遥かに超えているのではないか?

色々調べてみると、簡単に70ミリを超えて最大80ミリ程度に達する血統にもこの特徴が現れるようです??
(幼虫体重が菌糸で軽く25g超えるような血統。複数ありますが)

オイシイ話には裏がある

のかもしれませんね。
その内オークションにバンバン出るでしょうから
この特徴要注目です。

特定の大型血統には面白い位東南アジアヒラタの特徴が現れているはずです。


あと個人的な意見としては、

「脚の棘」「頭楯」

この2つで交雑を見分けるのは難しいと思います。
理由は個体によってバラつく為です。
有ったり無かったり、凹んでたりくっついてたり。
(↑交雑の場合でも、という意味です)

それに比べ、顎先や内歯近くの鋸歯については
かなり強く特徴として現れます。

と説明してもアレでしょうから、実際に自分の目で見てみるべきです。

普通の本土ヒラタを見たい場合、Yahooの画像検索で本土ヒラタ等と入力すれば数多く表示されます。(交雑個体なんかも表示されますが)
また、虫吉さんのホームページは画像が多数あり参考になるかと思います。

次に
Yahoo画像検索に
本土ヒラタギネス
有田産ヒラタ
和歌山ギネス血統
本土ヒラタ大型血統

等と入力すると、その関係の
特大個体の画像がチラホラ出てくるはずです。

顎先や内歯付近の鋸歯を見てみてください。
ほぼその特徴が現れます。


あ、↑に書いた事は大型血統として出回っている
一部のものについての気付き、意見です。


他の管理ミス等で発生した交雑個体全てに当てはまる訳ではないので勘違いされないように!
対馬ヒラタと本土ヒラタ交雑させても↑のような特徴は一切出ません。


交雑特徴追加

内歯位置が通常よりも上にあり、○で囲んだラインが
ハッキリ見えているような本土ヒラタは交雑と思います。
まずこのラインはサキシマヒラタ、トクノシマヒラタ、アマミヒラタ等南方のヒラタにしか現れないはずです。
(九州一部を除く)
スポンサーサイト
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR