最大?

柳井市産ヒラタの期待できそうな幼虫が一頭を残し全て蛹になりました。

最大?と思われるのは、柳井A×Bラインの幼虫時25gだったやつで、羽化予想サイズは73mm~76mm。
柳井A×B×Aラインの幼虫時26gだったやつも同サイズで羽化しそうです。

自作マットでやっと75mmに到達しそうなところまできました(?)が、インパクトが足りないので新しい発酵マットの作成に挑戦してみます。
山口県東部産ヒラタで幼虫体重30g以上、羽化サイズ78mm以上を狙えるような生オガ発酵マットを目指します。
スポンサーサイト

本土ヒラタ状況

山口県産期待の♂幼虫が蛹になってきました。

気になるサイズは・・・73~75mm位で羽化しそう?
大顎が長い蛹もいるので、75mm狙える可能性もあるかも。

今回期待の柳井市産幼虫に還元率を上げるモノを試せなかったのは残念ですが・・

以前羽化した下松市産ですが、体も固まってきました↓






種親に使用予定?

本土ヒラタ状況

山口県産本土ヒラタも半数以上?蛹になっており、一部は羽化してきています。

状況としてはまずまずというところでしょうか。

幼虫体重の割には小さい蛹が昨年は多かった気がしますが、今年はやや大きくなっているような・・

柳井市産に関しては、蛹を見た感じ70mm超えそうな蛹が結構います。
(幼虫時の体重は21~24g)

が、26g代だった最大クラスの幼虫はみんな前蛹です。いい加減幼虫体重に相応しい体長(75mm)で羽化して欲しいものです。

また、新しくラインに加えていた周防大島町産は♀が42mmで羽化してきました。WF1でこのサイズは自己新記録!です。多分。
♂は幼虫時20gで、最終ビンには還元率を高める為にある物を入れていましたが・・・蛹を見る限り71~72mm程度いきそう?です。
ある物の効果があったのか、幼虫体重の割には蛹が大きいです。
WF1で70オーバーが羽化したら上出来でしょう。
ただ、周防大島町産は幼虫が僅かしかおらず、これ以上の個体は残念ながらいません。

羽化

山口県産本土ヒラタが一部羽化してきました。

下松市産は自己記録更新しました。



幼虫時26gでしたが、72mmで落ち着きそうです。

ブリード状況

これは!ってネタは特にありませんが、ここ数日エサ交換した状況としては・・・

山口県下松市産本土ヒラタ最大♂26gに更新

三重県産本土ヒラタ最大♂20g、♀9g

といったところ。

三重県産本土ヒラタは失敗してなければ♂25g程度は狙えるのか?
という気はしますが、特別大きくなる気はしません。

また、山口県産本土ヒラタに菌糸を色々試したりしていますが、高価な菌糸ほど(?)デカくなりません。

高価な菌糸A、B、Cは♂18g以下が殆ど。

高価ではない菌糸Dでは19~23gといった状況です。

安い菌糸では過去26g程度まで育っているので、これなら安い菌糸使った方がいいなぁという気がしています。
プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR