FC2ブログ

少しだけ

少しだけ3本目へマット交換しました。

柳井A×Bライン♂1頭22g

スジブト(かっき様♂×三兄弟様♀) ♂2頭20g、18g
15446938390.jpeg


でした。
スジブトは期待できない幼虫を交換しましたが、意外にも20gが出てきました。

期待できる幼虫のマット交換に期待が高まります・・さぁいつ交換するか?
スポンサーサイト

いきなり雪

今日暑くない?
って日があったかと思えば、いきなり雪が降る寒さになりました。
かなり極端な変化でめちゃくちゃですね。

ブリードルームのエアコンは暖房に切り替えました。
ブリードルームに入ると空気が悪いのか、アレルギー反応なのか以下のような症状が出る事があります。

①鼻水がでる
②くしゃみが出る
③目を擦ると腫れる

アレルギーっぽいですね。
マット、腐った菌糸、クワガタの死骸が入ったボトルを長いこと放置してるので環境は悪いと思います。
エアコンの吹き出し口もなんか黒い汚れが・・
掃除したいが、非常に厳しい!
助っ人3人位居ないと全くやる気が出ない。汚すぎる。

階段上がり下がりもかなりめんどくさいので、廃マットはポリ袋に大量に詰めて、2階ベランダから廃マット棄て場にダイレクトシュートします。

話変わり

クワガタ採集場所の下見に岩国へ。
くそ田舎の山道を車で走っていると、ライフルを持った爺さんら5名位+猟犬が居ました。
熊かイノシンでしょうかね。

灯火採集場所にも寄ってみましたが、土砂崩れも無く通行出来て安心しました。

この辺りはクソ田舎なだけあって、学校があちこち閉校していました。
20年後には殆ど人が居なくなるのでは?
という危機感があります。

都会に人口が集中するのは良くないと思います。
東京に何回か行った事がありますが、個人的には都会は大嫌いです。
電車とかなんですのあれ?
ストレスまじで半端ないって!って感じです。
虫籠にクワガタの♂をめちゃくちゃに放り込んだらどうなるか?
バラバラになって死にますね。
東京そんな感じ。
人混み自体嫌いなので都会では生きられません。

なんも無い田舎で健康的に暮らしましょうや。
開拓の余地がありまっせ?

素材マット

発酵マット作成の際、色々な素材マットを使用してきました。

値上げや販売中止になる度に新しい素材マットを探してきましたが、ようやく納得のいくマットが見つかり、新ノーマル発酵マットが完成しました。

自作マットを作るこだわりとしては、
安く!デカく!です。

安く作れるのが自作マットのメリットなので、高い素材マット(10L600円でも高い)はとても使えません。

新しく見つけたマットの特徴としては
①安い
②無添加発酵済み
③超微粒子~粗めまでごちゃ混ぜ
という感じです。
③に関しては、硬い粗粒子~硬くでかい木片まで混入しています。
これは普通の人ならデメリットと考えます。
木片等発酵マットに使えませんから。
ですが、粗粒子だろうと木片だろうと粉砕してパウダーにするので関係ありません。
むしろ、栄養が抜けてパサパサのマットより、硬く分解が進んでいない(栄養が残っている)分マシかと思います。

このマットの欠点としては、椎茸の形成菌の発泡スチロール片が混入している事です。
これは撹拌する際に地道に取り除くしかありません。

新ノーマル発酵マットがどの位の出来かは、数ヶ月以内に幼虫が教えてくれるでしょう。

マット交換は更に続く

スジブト(かっき様×三兄弟様ライン)や交雑ヒラタのマット交換をやっと全て終わらせました。

スジブトはアンテマットでブリードしていたものですが、最大は♂18g×3頭、♀11.5g×1でした。
サイズは結構安定していましたね~自作マットに交換してどのくらい伸びるかが問題ですが。

交雑ヒラタはどうなんでしょうかね。
サイズがバラバラで、♂か♀か判断できないやつもいました。
ペアリングの状況からして
国産ヒラタAが羽化
外国産ヒラタAが羽化
交雑ヒラタが羽化
する可能性が考えられます。
幼虫の頭幅からして、間違いなく交雑実験は成功しているはずですが・・
♂40g、♀16g位いけば合格ですかね。
サイズよりも容姿が一番気になりますが。

冬と言えば蟹

気温も下がり、そろそろ冬・・蟹がウマイ季節になってきました。

蟹は大好物です。

幼い頃から漁師の祖父が獲ってきたワタリガニを食べていたので、蟹にはうるさいです。

で、思い出した事がある。

25歳の時北海道へ行った時の事。

観光客向けの蟹市場?みたいな所へ行き、どの蟹を買おうか物色していた。
物色した結果、水槽に入っている生きた蟹をくれと店のオッサンに伝えると、オッサンは

「これは素人に茹でるのは無理だ!」
「航空便になるから送料が高くなる!」

などと言い、売り渋り茹でられて店頭に並べられた蟹を買うようにすすめてきた。

個人的には新鮮な蟹はとっておいて、茹でた古い蟹から売ろうとしているようにしか見えなかった。

茹でられて店頭に並べられた蟹など、作ってから5時間経過したラーメンに等しい。

美味しい蟹を買ってくれ?
舐めてんのかこのオッサンは?

結局、何も買わずに店を出ました。


個人的には、生きた蟹を鍋で蒸して、熱々を食べるのがベストだと思ってます。

北海道のお土産で茹でられたタラバガニ1杯をもらった事がありますが、非常に残念な味と中身でした。

その点、鳥取のお土産でもらった立派な活き松葉ガニは最高でした。
蟹にはうるさいですが、唸る程うまかった。

やっぱり蟹は活きで、身の詰まった立派な♀に限る!

あと、

蟹剥くの面倒だから、剥いて食べさせてくれとか言うのはやめろ!
そんな奴に蟹を食う資格など無い!

┐( ̄ヘ ̄)┌

プロフィール

クワガタ侍

Author:クワガタ侍
山口県に生息しています。
国産クワガタ、特に地元のクワガタに思い入れがあり、特大サイズを目指しブリードしています。
生体販売、発酵マット販売もしています。

にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クワカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR